歯周病治療

Tel:0952-32-6683

Web予約

  • HOME
  • 歯周病治療

日本人が歯を失う原因第1位は歯周病です

歯が抜けてしまうお口の病気といえば、まず虫歯を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし実は、日本人が歯を失う原因は虫歯ではなく歯周病です。日本人の成人の約8割が「かかっている」もしくは「予備軍である」とされるほど蔓延している国民病。決して他人ごとではありません。

佐賀市高木瀬の歯医者「おか歯科」では歯周病治療に力を入れており、一人ひとりのお口の状態に合った治療・予防処置をご提供しています。歯周病としっかり向き合い、ご自身の歯をできるだけ長く健康に維持していきましょう。

歯周病とは

歯周病とはプラークに棲みつく歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こして徐々に歯を支える顎の骨や歯ぐきを溶かしていく病気です。虫歯と同じく一度かかると治療なしには自然治癒しないため、放置すれば歯は支えを失って最後には抜け落ちてしまいます。

初期段階のものを歯肉炎、それ以降のものを歯周炎と呼びますが、初期段階では自覚症状が出にくいため「気づいたときにはかなり進行していた……」というケースも少なくありません。自覚症状がないときから定期健診に通い、歯科医師の目によるチェックを受けて、早期発見・早期治療に努めましょう。

歯周病チェックシート

次の症状に覚えはありませんか? もし当てはまるものがあれば、歯周病にかかっている可能性があります。できるだけ早く当院までご相談ください。

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯みがきをすると出血する
  • 歯と歯の間にすき間ができた
  • 歯ぐきが下がり歯が長くなったように見える
  • 冷たいものがしみる
  • 生活が不規則だ
  • 朝起きたとき口の中がネバネバする
  • 口臭が強くなった
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯がグラグラする

歯周病の進行

※表は左右にスクロールして確認することができます。

歯肉炎
歯肉炎 症状 歯周ポケットの深さ
歯周ポケットの内部にプラーク・歯石が付着し、歯肉が炎症を起こしています。歯みがきをすると出血することがあります。 2~3mm程度
初期歯周炎
初期歯周炎 症状 歯周ポケットの深さ
歯ぐきの炎症が増し、以前より出血も多くなりますが、まだ自覚症状はほとんどない段階です。 3~4mm程度
中期歯周炎
中期歯周炎 症状 歯周ポケットの深さ
歯周ポケット内の歯石も増え、歯肉の炎症や出血がさらに増して、歯周組織の破壊が進んでいます。 4~5mm程度
後期歯周炎
後期歯周炎 症状 歯周ポケットの深さ
歯ぐきの炎症が強くなりブヨブヨした状態になります。歯周組織の破壊はさらに進み、歯ぐきの退縮や出血に加えて膿も出て、口臭も強くなります。 5mm以上
末期歯周炎
末期歯周炎 症状 歯周ポケットの深さ
歯ぐきは赤紫色に腫れ上がり、少し触れただけで血や膿が出ます。また口臭も増します。歯周組織の破壊も加速して歯はグラグラになり、放置すれば抜け落ちてしまいます。  

※歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの間の深さを指します。